« 大晦日・印象強めだったシーンあれこれ | トップページ | 即興プレゼンの智くん »

2019年1月 3日 (木)

そうだったのか♪君のうた

とっても良かったですねー(。>0<。)

君のうた


先日の紅白の嵐さんの選曲は、

本番までわからなかったので、

あの流れなら「ふるさと」かな?

って、、、

私も思いました。


君のうた~だとわかったとき、

一瞬「おや?」と感じたのも事実です。


相葉君のドラマを観ていた私は、

知らず知らずの内に、

“虹の橋を渡っていくのはペットちゃん”

そんなイメージで固まっていたんでしょうね。
(単純すぎて悲しい


でも違いました。

ペットと飼い主、、、

そんなちっちゃいくくりの曲じゃなかったんだと、

今頃になってわかりました。

というか、

受け止め方は状況によって変化するのかもしれませんね。



今回の紅白では、

歌詞をちゃんと読みながら、

バックの映像を観ながら、

嵐さんの歌唱を観て聴いてみると、

今まで見えなかったものが次々と見えてきて、

何て深いんだろうって

胸にぐさぐさ刺さってきて、

私、

どうしようもありませんでした。


たとえばここ、、、。



歩き出す 

明日は僕らで描こう

涙に暮れたとしても

001

塗りかえてゆく

強さ教えてくれた

004_2

君のぬくもりを


追いかけて

果てない未来へ繋がる

いつか巡り逢える虹の橋で

008


同じ夢を見よう





こんな風に私、

さっき初めて一人で、

TVの真ん前に座ってこの曲を観て聴いて、

そして

ソロで歌う相葉君の眼を見て思わず

泣(;ω;)


もちろん相葉君だけではなく、

この曲に込める嵐さんの思いが、

これでもかってくらい

真っ直ぐに伝わって来たように感じたのです。


ハデな選曲や演出は無かったし、

衣裳もホントにシンプル。

そんな中での嵐さんの役割は尊いなーって

そう思いました。


結局、

紅白で何が良かったかって、

素晴らしいステージはたくさんありましたけど

どんなに素晴らしいアーティストがいようと、

誰が盛り上がろうと、

誰が何と言おうと、

やっぱり私の中でいちばんは、

間違いなく嵐なのです。

もちろん若干?ひいき目線ではあるかもしれません


私は嵐さんが大好きですから♡

当然えこひいきはしますよ!

これからも。


でも、

ひいきじゃなくったって、

伝わる人にはちゃんと伝わっているって、

たっくさんの人に伝わっているって、

私は信じています。


2018年・紅白歌合戦の嵐さん、

最高でした!

\(^o^)/

« 大晦日・印象強めだったシーンあれこれ | トップページ | 即興プレゼンの智くん »

嵐さん」カテゴリの記事