« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

ざっくり108回!

もぐもぐもぐもぐもぐもぐ、、、、、、、、



嵐会でエビフライをもぐもぐする智くんが、

あまりにも可愛すぎて、
(*≧m≦*)

001

一口を飲みこむまでに何回もぐもぐするのか、

大ざっぱに数えてみたヒマすぎる私ですcoldsweats01


それにしても108回(ざっくり)はすごいですね!

除夜の鐘並みにもぐもぐしてるってことですよ!

早食いの私も見倣わなくちゃ!
(これならマネできるかも)


もうね、

嵐会が楽し過ぎて♪

実は今、

夫が再び単身赴任中のこのわたくし、

毎晩のように嵐さんと一緒に嵐会三昧でして、、、

アルコールが進み過ぎてヤバイですsweat01


そんな中、

某カリスマ智担ブロガー様が、

ご自分のブログで、

嵐会での大野智さん、

どう見えますか?

というような質問を投げかけておられたので、

差し出がましいのですがこの私も、

こっそり自分のブログでお答えさせていただきたいと思います。


大野智さん、

とってもリラックスして

楽しまれているようにみえます♪

だから私も超楽しい♪


智くん、

後半は居心地が良すぎて、

若干眠くなってきたかな?てところもありましたが(^-^;

嵐のみなさん、

力んだり、

ムリして盛り上げる風でもなく、
(進行役は安定の翔君でしたが)

普通に、

自然に楽しんでいたように見えました。


でも実際はカメラの無い、

潤君のお家での2次会の方が楽しかったとは思いますけどね!


それともうひとつ!

1:4に分かれた座り位置について、、、

ちょっと私のアホな脳みそでは理解できない持論を展開する方も中にはおられるようですが、

私的には全く謎でも何でもありませんでした。


ニノちゃんが智くんにくっついて行くのは、

もはや当たり前の自然現象です。

以前のしやがれでは、

よく椅子ごと移動して2:3になっていましたから、

椅子の無い床移動なら、

さぞかし簡単に移動できたことでしょう。


、、、と、

思っている方が大多数なんじゃないかと、

私は思います(*^_^*)

2018年6月28日 (木)

役目を終えるその瞬間まで

ちょっと前になりますけど、

『untitled』のDVD・BD発売のCMがTVで流れ出した時、

初めてこのシーンを観て、、、

002
超興奮しましたよね~(。>0<。)


智くんのソロに、

ピッタリ合わせて翻る衣装の裾の華麗なる舞い。

何度見てもステキですlovely


ホントに素晴らしくよくできているこちらの衣装shine

5人で舞わす(回す?)パターンも優雅でカッコ良くて、

とっても見ごたえがありますヽ(´▽`)/
(なのに4人しか写ってなくてごめんなさいsweat01

008
きっとみんなきれいに広げようと意識してますよね。


もちろん他にも見せ場はたくさんありますが、

ちょっと気になったのが最後の方の、

♪楽園を夢見た~

のところ。

智くんの裾だけが華麗に翻っているように見えるのですが、、、

どうでしょう。

012
智くん、

ちっちゃくジャンプして反動をつけているような、、、。

大振りじゃなくても、

ちゃんと綺麗に広がるんですね!shine

015_2

ここは、

他のメンバーはセンターに華を持たせてくれたのか?

それとも単に、

智くん独自の小技なのかな?

あるいはたまたまのタイミング?

それはわかりませんけど、


ただ、

曲前のパペット同様、

この衣装も又、

「つなぐ」のためだけに、

ただこの1曲のために、

準備されたもの。


この年のシングルは「つなぐ」だけじゃなかったけれど、

やっぱりこの曲は、、、

ものすごい超特別待遇!

「つなぐ」という曲そのものはもちろんのこと、

智くんや嵐のことを、

そしてこの曲に強い思い入れのあるファンのことを、

よく知る人にしかできない演出だと思います。


ホントにありがたいことです(*_ _)人


(そういえば余談ですが、、、
「つなぐ」のときの歓声は、

“演出あってこそ!”って、
私は思ってます。
私自身はそうでした。)



そして、

そんな相性抜群の智くん&衣装のユニットは、、、


脱ぎ捨てられるその瞬間まで、、、

004

一瞬たりとも、

009

眼が離せません!!


智くんの脱ぎ方、体勢がカッコイイことに加えて、

この衣裳さん、

智くんから離れても尚、

智くんの身体のまんま生きてるみたいだし!
Σ(゚д゚;)

これは、

嵐会で智くんが思わず次にジャンプするのを忘れてしまったっていうのも、

ちょっとわかる気がします。


無意識に身についたパーフェクトな脱ぎ方なのかもしれないけれど、

智くん、

最後の最後まで、

この衣裳の持ち味を最大限に発揮したかった、、、

そんな意図があったのかも?
(何もかもが憶測)

2018年6月25日 (月)

ブラックペアン、5人のドクター

とうとう終わってしまいましたね(;ω;)

すっごく楽しませていただきました!

『ブラックペアン』

P
ニノちゃん、

大変お疲れ様でした。

ニノちゃんが嵐でいてくれて良かった!

心底そう思うドラマでした。

ホントにありがとうm(_ _)m


ところで、

日頃、智くん以外のメンバーのドラマや映画などは、

観てみて、たとえ面白くても、

特にブログネタにしようとまでは、

なかなか思わない私ですがcoldsweats01

今回、

この「ブラックペアン」に関して、

何故私がここまで引き込まれたのかを考えてみた時、

数ある要因のひとつに、

“ドクターの個性”があるのではないかと感じて、

ちょっとその辺を記事にしてみたくなりました。


主なドクターは5人。
(※以下全て主観です)


まずは、

テクニックも頭の回転の良さも超一流で半端ない。
表面上はお金と復讐が全てと見せかけ、
とてつもない影の努力や優しさをひた隠しにして
クールに立ち回る渡海先生。

その渡海先生の上を行くテクニックや度量を持ち、
周囲からも絶大なる信頼感を得ている。
さらに常に患者を救うことに文字通り自分の命を懸けているが、
口数が少なく、
「もっと早く、上手い具合に言えよ!」と、
思わず言いたくなる佐伯教授。

理論的な高い志を持ち、勉強熱心で弁が立ち、
また常に周囲に気を配り、調和を図る。
自分より優れているものはちゃんと認めて、
敵味方なく協力を惜しまない高階先生。

絵に描いたようなイケメン、長身。
優しく誰にでも好かれ、愛される。
素直で努力家、成長著しい世良先生。

で、

ホントに面白くて、個人的に意外とお気に入りなのが、

心地よいほどのインパクトファクター命!
もはや患者は見えていない(ようにも思える)。
それでも医者か?と、
他に大切なものがあるだろうと、
誰もが言いたくなる圧倒的ヒール役、西崎教授。



この5人の個性がね、

まさに絶妙で!shine

ますますドラマを面白くしていたんじゃなかろうかと、

そう思いました。


そして、

一見、

患者が置き去りになっているような錯覚を起こす、

論文やインパクトファクターの存在も、

実はそれが医者のレベルを高め、

両者の存在があってこそ、

医療の質が向上すると言うことが、

このドラマでは、

とてもわかりやすく描かれていたように思いました。


相対することがらように見えながら、

実は相乗効果を起こしていることって、

案外あちこちに、

あるのかもしれませんね。


ということで最後に、

私はここであえて言いたいと思います。


西崎教授!

そのまま我が道を、

どうか突き進んでください!!

 

2018年6月24日 (日)

調子良かった智くん

VS嵐のバルーンシューティング。

普段そこまで前のめりで観てるゲームでは無いんですけど、

先週の智くん♡

それはそれはキュートに、

ほっぺを膨らませて頑張った甲斐もあり、

005
結構調子良かったらしいです♪
ヽ(´▽`)/
009
こんな風に、

めずらしく(?)智くんの張った声を聴き、

同時に大きめ文字のテロップを見ると、

ついつい番組を斜めから観がちの私なんかは、

ファイナルターゲットで負けた時点で、

無意識に予想してしまいまいした。

いや、

私だけでなくもしかしたら中村アナも、、、

かもしれません。

だからこその、

「大野さん、見てていかがでしたか?」

だったのではないかと、、、。

で、私がうっすら予想していたのは、

(やっぱオレがいないとだめだな、、、)

的な???

そんなひとこと。


なのに智くんから返ってきた答えは、、、


接戦でしたよ、ほんとに

こっちちっこいのがあるから

むずかしかったかな、、、

011
とまあ、

なんてシンプルで素直なお答え!(。>0<。)
(それにしても黒い)


こういう計算のない、

ピュアな言葉を聴くと、

自分のわかったような憶測や、

見当違いの認識が結構恥ずかしくなりますcoldsweats01

ホント、

よくありますsweat01


大好きな人のことでさえ、

何もわかっていないんだなあ、私。

逆に好きすぎて見えなくなることも、

あるんだろうな、、、。
(特に深い意味はありません)



最後にこれ、

智くんのちっこいポーズ。

014_2



とってもかわいい(*^m^)♡

2018年6月21日 (木)

引かない智くん

※ うすい内容をわざわざわかりにくくsweat01
思いつくまま長々書いた記事です。
ムリに最後まで読まなくてもよろしいかと思いますので、
ご了承くださいませm(_ _)m




ということで、

いきなりですが、

2012年、
私がさとラジをちゃんと聴き始めた頃、
ちょうど番組10周年記念で、
DJ栗原さんと屋形船で対談するという企画がありました。

そのときの内容は、ほとんど覚えていませんでしたが(*_ _)人
ひとつだけ今も強く印象に残っている会話がありました。

ちょっと調べてみましたら、
その日の智くんは、
ダンスについて、とてもたくさんお話してくれていました。

そして私が今も印象に残っているのというのが、
栗原さんの
マイケルジャクソンのあの踊り、簡単ですか?
という質問に対して、

智くんが

はい

と、躊躇いなく答えた、
そのたったひとことの場面でした。

この時智くんは、
マイケルのダンスはマイケルが躍るからいい、
ムーンウォークもマイケルが編み出したからすごいって、
そういうニュアンスのことも話していたようです。

(2012年・24時間TV、ダンス甲子園より↓)

025
当時智担ホヤホヤの私は、
智くんは謙虚な人だけど、
ダンスには揺るぎない自信があると同時に、
ウソになるような謙遜はしない人なんだなって、
そう思ったような気がします。


そして翌2013年のツアー“LOVE”では、
リード曲♪P・A・R・A・D・O・Xの振り付けを、
外国人の年下振付け師さんにお願いした嵐さん。

この振付け師さんに関しては、智くん的に色々思うところがあったようでcoldsweats01
当時ことあるごとに話題にしていたように思います。

手っ取り早く出せたツアーパンフレットの中では、
強めなアピールを求める振付け師さんに対して、

いやっ、、、もう、
「なんでこんなふうにいわれなきゃいけないのかなぁ?」ってぐらい言われてさ、、、

みたいに文句たらたら何度も訴えていました。

で、
この時の私は、
智くんは、自分の納得できないことは絶対にやりたくない、
できてもやらない。
結構頑固な人なんだな♡と
又、プライドも意外に高いのかなと、
そんなふうに思いました。
結局彼に言われた通りには踊っていないと思います。

でも確かに!

P・A・R・A・D・O・Xの智くんに、

014
強烈なセクシーアピールは不要だと、

016
私も思いますlovely


更にその後数年が経ち、
この度の、
♪つなぐの前のパペット(って言うんですね!)です。

006
難しそうに見えるんだけど難しいの?
と、
嵐会でニノちゃんに聞かれた智くんは、
難しいとも難しくないとも言いませんでした。
(ニノちゃん、智くんが「難しい」と言わないことがわかっていて訊いたのかな?)

暫し考えた智くんの答えは、

やっぱりあのー
教えてくれた先生のようにはならないね
細かいことが

“できない”でもなければ
もちろん“やらない”でもない。

“ならない”

とても智くんらしいですね。

この言葉に対する受け止め方はさまざまで、
智くんの“謙虚さ”とか“自分に満足しない向上心”
という捉え方をする方が多いのでしょうか。
そうですね。
きっとそそうなんだと私も思います。

ただ何となくですけど、

それだけでは無いような気もするのは、
私だけじゃないと思っています。
(結局なに?)


だってホントにすごかったから、、、。

コンサートでは全くわからなかったけれど、


最後に怒り、もがきながら
(そういうことでいいですか?)
自ら操られている糸を断ち切る智くんの右手。

001
智くんの手が、、、
本当の刃物に見える!

004
これは無門の小刀か?
はたまた平兵衛のクナイか?
と、一瞬のうちに「忍びの国」が頭を過るこの私。

009


圧巻。

 

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



今さら言うまでも無いことですが、


大野智さんという人は、


できないと感じることをできないまま、
あるいは自分に納得しないまま、
舞台に上がることはしない人。

環境により、いかようにも自らをコントロールし、
自由なふり幅を持てる地点にまで極める人。

そのためには計り知れない練習も熟し、

更には練習し過ぎのドツボの怖さと
そこからの這い出し方まで、
自ずと見つけ出した人なのかな。 


全部ひっくるめて、、、

自己顕示欲は無くても、
自分への妥協は許さない人。
(たまの手抜き省エネはあったとしても)


そう思います。

そしてこの先もずっと、
その本質は変わらないと思っています。

ホントに、
尊敬しています。




脈絡の無い長話を、
最後までお読みいただきありがとうございました。
m(_ _)m

 

2018年6月19日 (火)

智くんのタップダンス♪その3~信号トリオバージョン~

“智くんのタップダンス”

というより、

もちろん今回は、

“信号トリオのタップダンス”♪

012
期待通り超楽しかったです!ヽ(´▽`)/

“部族の祭り!”ね、

吉村さんの言葉のチョイスは面白くて、賢くて、大好き!

ホント、

最高の祭りでした!


そんなわけで、

今回の智くんは、、、

いや、3人ともですけど、

あれですか?

前回、マイケルのダンスメドレーをがっつりやった時とは全く別もので、

完全にバラエティのスイッチのみがONだったパターンでしょうか?coldsweats01

もちろんそれはそれでナイスなスイッチ!shine


中でも私の個人的な印象では、

下手するとグダグダになりそうだったあの祭りを、

探って探って、、、

何とか方向性を示してくれたのが翔君で、、、

004
一番の功労者だったのではないかと、、、(^-^;

そんな風に思いました。
(主観です)


ニノちゃんは、一心不乱に踊る背中向きの智くんに、

タイミングよく終わり時を教えてくれているようにも見えましたがどうでしょうね?
(想像です)

006
で、

智くんは、、、


今回の智くんの担当は、、、

顔?

全力で「造顔」だったかのな?って、、、

そんな気も、

ちょっといたしましたcoldsweats01

それはそれで大事な担当です!


ただ智くんの場合は、

仮にバラエティのスイッチが入っていたにせよ、

いかんせん、どうしても

不意にカッコよくなってしまう(゚m゚*)

008
そう言った辺りが他の2人と比べると、

若干甘さがあったかのもしれません。
(あ、他の2人もカッコイイですよね?sweat01


ほらフィニッシュも、、、

010
やっぱ、

なんだかんだカッコよくなっちゃうんですねー!


とは言え、

結局最終的には3人のポーズのバランスもピッタリ!

さすが嵐さん!\(^o^)/


最初から最後まで、

絵に描いたような“あうんの呼吸”が、

観ていてとっても気持ち良かったです!shine



さて、

次のしやがれは、かなり先のようですけど、

そこは大丈夫!

予告の智くんとアンコンブルレイの無限リピートで、

充実の毎日です♪

2018年6月17日 (日)

ニノちゃん、おめでとー!ヽ(^o^)丿

二宮和也さん、

35歳のお誕生日 birthday present shine

おめでとうございまーす!

ヽ(´▽`)/

002

ニノちゃんとってのこの一年が、

元気で健康で、

さらなる活躍と飛躍の一年となりますように。

そして引き続き智くんのこと、

どうぞよろしくお願いしますね!
m(_ _)m


さてニノちゃんといえば!

『ブラックペアン』もいよいよ終盤に入り、

わが家も毎週めちゃくちゃ楽しませてもらっています!

ですが、、、

ここへ来てわたくし、

ひとつだけ白状させていただきたいと思います。


実は私、、、

ニノちゃんがこの役を演じると知ったとき、

少なからずショックを受けました。


ブラックペアンの原作は全く知らないのですが、

私の中で“ダークな天才外科医”役は、

智くんに演じて欲しい役柄の中の、

ほぼほぼトップに位置していたからです。


ニノちゃんがこの役をやることによって、

おそらく智くんがこの先類似の役を演じる可能性は、

この後何年も、

あるいはずーっと、、、

無いんだろうなって、

そんな風に思いました。


渡海先生の役だって(原作知らないけれど)

智くんが演じてもピッタリだったんじゃないの?って、

ちょっぴりそんな思いが過ったことも事実です。


でも、

毎週ここまで観て来て、

今、

確実に私がイメージする渡海先生の手は、

長い指で、しなやかに美しく器用なテクニックを熟す手では無く、

ちんまりしていても(失礼sweat01)絶対的な安心感・安定感のある、

泥臭い職人さんのような、

こういう手。

002

渡海先生の、

決して表には出さない命懸けの努力が、

そのままニノちゃんの手に重なります。

嵐ファンと言いながら、

日頃から担当贔屓も甚だしい私。


ニノちゃん、ごめんね。


かつての私の、

ちっぽけな嫉妬心が、

今はホントに恥ずかしくて、

バカバカしく思えます。


もうすぐ終わってしまうのは寂しいけれど、

ニノちゃんにしかできない渡海先生の、

『ブラックぺアン』

最後までしっかり楽しませていただきます!

2018年6月15日 (金)

今頃知る『夜の影』<ネタバレ>

※ 『untitled』DVD・BDのネタバレ感想です。

 

“リーダーっぽい振り付け”

そんな風に潤君からリクエストされた『夜の影』は、

いつものようにソロで、

自分が踊りたいように踊る、

いわゆる“智くんっぽい”振り付けや、

何度も経験のある5人の振り付けとは、

全然違っていたのかもしれません。


くったくたになりながら1週間、

いや、ホントはそれ以上かも?

細かい智くんテイストを入れつつ、

“3人が合うような振り付け”

を生み出した智くん。


ここはどうしても、

あゆはぴメイキングの智くんの姿を思い出すけれど、

それはもしかしたら、、、

ソロの振り付けの何倍もの生みの苦しみがあったのかもしれません。


智くんが魅せたかったのは、

3人の揃ったダンス。

007
3人の世界観。

012

もう、

ステキ過ぎて泣けて来ました(;ω;)


もともと音楽センスの皆無な私。

アルバムを聴いた時、

実はこの『夜の影』が、正直どうにもしっくりきませんでした。


私の様な、いたって単純な高齢者脳に、

こういった今風の音楽はなかなか理解できず、

ハードルが高かったようでcoldsweats01

そのままコンサートに臨んでこの曲を聴いて、そして観た時も、

やはり遠目でしたし、

又ソロの時より人数も多い分、

おそらく全く目も気持ちも、

ついて行かなかったのではないかと、

我ながら思います。
(いいわけ三昧)


でも、

今回初めて映像で観た『夜の影』は、

コンサートで観たそれとは、

私にとっては全く違うものでした。


3人の表現する『夜の影』の姿が、

ようやくハッキリ見えた気がして、

『夜の影』という曲が、やっとストンと胸の中に収まった気がして、

それと同時に胸が苦しくなってしまいました。


マルチ映像も、、、

想像していたマルチとはずいぶん違っていたけれど(^-^;

寧ろこれは、こっちで正解なんだとも思えました。


智くん、

ホントにくったくたになって考えたんだろうな、、、。


あと、

3人揃ったカッコ良さはに加えて、

潤君やニノちゃんのカラーもちゃんと観えるように感じましたし、

智くん、自分のカラーも隠していない。

006
そんな気もしました。


さらにやっぱり、

どうしても感じてしまうのが、


圧倒的な、

014

大野智。

015

(これは担当だからかな?coldsweats01


このユニット曲の価値が、

ソロ曲より劣るとは、

私には全く思えません。


ソロが無くてがっかりしたアルバムだったなんて、

今も思う人は、いるのでしょうか?


もしおられるなら、、、

もったいない!!(・oノ)ノ

と、

私は思います。



ちなみに、、、

マリオネットダンスからの『つなぐ』は、

逆にコンサートの衝撃がとても強かったので、

映像は、私にとってあの時の気持ちに勝るものではありませんでした。

ただもう、

あの時の感動をそのままに、

素晴らしい映像にしていただけたことに、

感謝するばかりです(*_ _)人


さて!

いまだ全て観きれていないわたくしcoldsweats01

今日はどこから観ようかな♪

2018年6月12日 (火)

これはイチコロ♡

・ 同性にモテまくる智くん。

・ あっという間に船の運転がとんでもなく上手くなっている智くん。

・ 押すときは押すけど押さない時はホントに押さない、ちゃんと海の怖さも知ってる冷静な智くん。

・ ワイプの翔君の「うまっそうだな~」が、あらかじめわかっていたかのような絶妙のタイミングと可愛さ、「あ~これ、翔君にたべさせたぁ~い」の智くん。

・ 普通にちゅーkissmarkしちゃう(人だった)智くん。

・ どうやら嵐ファンの大方が「若い子」だと思っているらしい智くん(-ε-)

などなどなど、、、

先日のしやがれは、智担ポイントがあまりにも盛りだくさんあって、

ほっとくと何百枚でも写真を撮れそうだったのでcoldsweats02

どうにか、なんとかsweat01

ここはあえての一枚に絞りました。

いっちばん打ち抜かれ、

ぐっさり胸に刺さった一枚。


それはやっぱりこれでした、、、(^-^;



013_3


何の意外性も個性もありませんね。

これと同じ画像、

いろんなところで私ももう何度見たことかわかりません。

それでもやっぱり素通りできない!

どうしても自分の部屋にも残しておきたいアートなわけです。

でも、

何度見ても新鮮に惚れ直せるのも事実ですよねlovely


そもそも凡人には(私です)無縁の、

日常では考えられないこのパーフェクトなフォルムが!

現実として目の前に現れること自体が、

私にとってはドキドキの根源でしてheart02
(日本語かなりおかしい)

気を抜くと必要以上にあふれ出てしまうカッコよさに、

本人の自覚の一切ない所がまた、

堪りません(≧∇≦)


そしてきわめつけの、

あ し !!∑(=゚ω゚=;)
(結局一枚に絞れず)

015
なんたる膝から下の長さ!

そして美しすぎる曲線とは裏腹の男っぽい膝関節shine

絵に描いたようなダンサー脚shine

見逃せないのがパッと見ツルッツルshine

「だつもう」ですか?
(いや、かすかに生えてる気もするけれど、普段よりは薄いような、、、?
そして間違いなく冬場の私のスネよりキレイ)

いやもう、いずれにしても、

毛のある無しに関わらず、

まさに瞬時に悩殺・イチコロの場面でしたhappy02


で、

思いました。


やっぱりね、

智くんは海が一番似合うのかな~って、、、。

内心は、

「舞台が一番、ステージが一番似合う!」って、

自信を持って言いたい!

もちろんそれも事実だと思います。

だけど、

あんなにキラキラした素の笑顔は、

海の上でしか、

なかなか見られないのかな、、、。


なら、

仕方がないよね~(^-^;



さて、、、

さきほどわが家にも、待ちに待っていたものが届ききましたcdshine

001

この後は、しばらく引きこもりたいと思いま~す(。・ω・)ノ゙ ♪

2018年6月11日 (月)

智くんのタップダンス♪その2

ちょっと前の記事。

2012年のしやがれで、

智くんがタップダンスを披露したときのことを、

ちらっと書きました。


その時の智くんは覚えることがたくさんあって、

頭の中がぱんぱんだったためか、

ニノちゃんに「大野さんなんか、全然楽しそうじゃなかった」って、

冗談で言われる程、、、

ホントに、

こんな感じの(^-^;

007
すごい神妙な面持ちで、

ずっと踊っていたんですよね~coldsweats01


その智くんがですよ!

何と同じタップダンスで!

こ~んなに楽しい事態になるなんて!

\(^o^)/

001
こりゃあもう、

スバラシイじゃないですか!(。>0<。)


もちろん前回の、

いたって真面目なバージョンも最高にステキでしたけど、

こんなにイキイキしながら、

全力で崩壊する(?)智くんや嵐ちゃんには、

最近、なかなかお目にかかれませんから、

ものっすごい楽しみで仕方がないです♪


でもよく見て見ると、

こんなにめちゃくちゃふざけている風なのに、

智くんの両足のつま先は、

きっちりキレイに上がったりしているんですね!(゚0゚)

002
これはタップのワザ的なものなのでしょうか?
(さっぱりわかりませんけど)

それとも智くんの無意識なオリジナル?


白黒の衣装も相まって、

予告の中のほんのわずかな時間なのに、

超カッコ良いlovely

ああ、どうしよう、、、


まあ、、、

どれほど面白いのかっていうのは、

このムロさん(ですよね???)の表情からも、

非常によーくわかりますしcoldsweats01

003

今からもう、

めちゃくちゃ期待してます!

2018年6月10日 (日)

ペットボトルの謎

いや~ん(≧∇≦) heart04heart04heart04

良かったですねー!

昨夜のしやがれ!


色々あり過ぎて、

私、いまだ混乱状態でございますsweat01


当然文章など全くもってまとまりませんのでcoldsweats01

取り敢えず一旦、

全く無関係な時差ボケ記事を上げさせていただきます!
m(_ _)m


ということで、

いきなり出てきますのがこちらの、、、


嵐ちゃんのペットボトルの蓋につけられた謎(?)の線↓

005

懐かしい♪マイガールのメイキングの中のワンシーンです。


相葉君はこの線について、

自分が3本だということはマネージャーさんに聞いて知っていたけれど、

他のメンバーが何本なのかは、

この時まで知らなかったそうです。

“知らなかった”というか全然気にしていなかったのかもしれません。


この時初めて線の本数が年齢の順であることを、

翔君のレクチャーによって知り、

衝撃を受けた相葉君!

思わずつぶやきました。


このペットボトルがそんなに深い意味があったんだ

なんか僕だけ知らなかったのが切ないです

僕、嵐なのかなあ

僕だけ知らないことが多すぎる

そして、

それを相葉君の目の前で聴いていた智くんがひとこと。

大丈夫だよ、相葉ちゃん

ぼくもあんまり知らなかった

(笑) (笑)

ヽ(´▽`)/

これぞまさしく癒しの天然ワールドshine


『マイガール』は、

ドラマはもちろん、

曲もMVもメイキングも全部大好きです。


もしかしたらここは、

カメラさんに気を遣う相葉君の、

優しい計算だったのかもしれないけれど、

そんなことは関係なく、

大のお気に入りの場面でもあります。


智くんの、この時の言葉は、

とってもあったかくて智くんらしいけれど、

“あんまり”の中に、

正直な部分が出ているようで、、、

ウソの付けないところがまた、智くんらしいなって思いました。


で、、、

このペットボトルの目印は、

今も続いているのでしょうか?


先日のVS嵐で、

ホルダーできれいに色分けされている

これらのペットボトルを見て、

003
マイガールの時のペットボトルを、

ふと思い出しました。


手書き目印のペットボトル。

いつもじゃないかもしれないけれど、

何となく、

今も続いていてほしいな。



さて、、、

お蔵入り寸前の記事を無理やり上げたところで、、、

再びしやがれに、

行ってきます(*^ω^*)ノ彡

2018年6月 7日 (木)

智くんのタップダンス♪

2012年2月に放送のしやがれ・ダンスSP。

この時期は、私が嵐さんの番組をちゃんと録画し始めて間もない頃でした。

当時は全然意識していませんでしたが、

今観てみると何ともスゴイ!(゚0゚)

とっても贅沢な、まさに神回だったように思います。


『嵐&ダンサー三銃士』


SAMさん、パパイヤ鈴木さん、HIDEBOHさんを兄貴ゲストとして迎え、

一番最後にチームを作ってダンスを披露するという、、、

こんな感じの企画↓もありました。

030
制限時間は30分!

この時間内で、兄貴ゲストの皆さんが考えて来てくださった約1分間の振り付けを、

嵐ちゃんが覚えて披露しました。

SAMさんチームは相葉君と潤君、

パパイヤさんチームは翔君とニノちゃん

このどちらも最高にステキで完璧でしたが、

すみません、ここではちょっと省かせていただきまして、、、coldsweats01

智くんはHIDEBOHさんとふたりで、

タップダンスで♪Thrillerでした。


で、

この企画は何と!

30分の練習中の舞台裏まで見せてくれる大サービスがあったので、

智くんがタップシューズに履き替えたり、

002
脱いだ上着をどなたかに渡すところまでしっかり映っておりました!
(私も上着を受け取ってみたい!何なら脱いだ靴を片付ける係でもいい↓)

003

普段と勝手の違うダンスに苦悩しながらの練習シーンも、

いろんな方向から、、、

029
映してくれていますし、、、

027
バラエティでは滅多に観られない真剣な眼差しとか、、、

008
のど仏lovely

010

首筋に流れて光る汗まで∑(=゚ω゚=;)

012
TV画面いっぱいに映し出されました。

ここは私が画像を切り取ったわけでは無く、

実際に画面いっぱいにこのようなドアップが惜しげも無く映されており、

この時のカメラマンさんのセンスには今になって感謝です!
m(_ _)m


ただ、、、

タップダンスってホントに難しいのでしょうね。

あの智くんが!

眼の色を変えて、

いっぱいいっぱいで頑張っていたようでした。

とは言え、

難しくて覚えることがたくさんある割に、

通常のダンスと比べると一見地味に見えがちなタップダンス。
(完全な個人的主観です(*_ _)人)

今思うに、

智くんが普段みたいなダンスを、

この場で披露するという選択はあり得なかったのかもしれません。
(つまり異次元すぎてバラエティに不向き)

でも、

もちろん本番は、

たとえ高難度のタップダンスであろうと、

智くんが出て来ただけで華があり、

045
脚のラインがわかりにくい変な衣装であっても、この通り!shine

043
どこで切り取っても智くんらしい、

美しいタップダンスを、

049_2
しっかりきっちり魅せてくれましたshine

051

すごかった~!shine

ホントにステキだった!shine

さすが智くん!\(^o^)/


そしてこの時の智くんの大変さは、

それを一番身近で見ていたHIDEBOHさんが、

“タップは地味”とか言い出す私みたいなとんちんかんなド素人にもよくわかるように、

ちゃんと説明してくださいました。


やっぱりスゴイ大変ですわ

覚えるの、おおちゃん早いけど
考えられないくらい大変

って。

本番で披露したあとも、

この短時間にタップは絶対ありえない!

と、

智くんの出来栄えに太鼓判を押し、

通常のダンスとの違いをはっきりおっしゃってださったのは、

とても嬉しかったです。


そんなHIDEBOHさん、

練習中も智くんと同じくらい汗だくになって教えてくださり、

本番中は、ずっと智くんの方を見守りながら踊っていらっしゃいました。


このときの、

智くんの本気の、

一番の原動力は、

もしかしたらHIDEBOHさんの存在だったのかも、、、。

056
最近久々に観て、、

そんな気持ちになりました。


こういう企画は又観てみたいけれど、

来週のしやがれのは、違った趣になるのかもしれませんね。


でもその前にまずは今週のしやがれ!

智くんの見所がいっぱいありそうで、

こちらも楽しみです(≧∇≦)♪
(の前に今夜のVSかsweat01

2018年6月 5日 (火)

アムロちゃんのコンサートを(WSで)観て、、、

安室奈美恵さんの、ツアー最終日の様子をWSで拝見しました。

002

すごかったですねー!
( Д) ゚ ゚

コンサートの中の、

ほんの一部の映像だけでも心底「すごい!」って思いました。


きっとこれまでもずっとそうだったのでしょうが、

女性がたった一人で!

しかも40歳!?

ぶっ通しであのパフォーマンスですか!

さらにハイヒールで全力疾走!!

の直後にナマ歌!

とかね、

これ見ちゃうと、、、

正直、

嵐さん、

まだまだこれからじゃないですか?と、

おじさん気取りで後輩の面倒みてる場合ではないんじゃないの?って、

思わずちょっと言いたくなってしまいました、私。

ちょっとですsweat01


で、

確かにアムロちゃんみたいなコンサートを観ると、

智くんのソロ願望が強い方の気持ちも、

少し理解できるような気もしました。

006
(アムロちゃんを観て最初に思い出したのがなぜかTake me faraway)


私、

昔、松田聖子さんがわりと好きでした。

聖子ちゃんの曲は、アムロちゃんの何倍も知っていると思います。

今も地道に活動され、

時にはファンのすぐ近くで歌を披露する機会もある聖子ちゃんと、

強い意志とストイックな精神をもって、きっぱりこの世界を去るアムロちゃん。


私的には、、、

智くんは、何となくアムロちゃんタイプに思えて仕方がないけれど、

5人でいることが救いにも思えたりします。


もしもの話ですが、

今のまま智くんや嵐さんだけに依存していると、

何かあった時には多分、

私の場合、生き方を見失ってしまうような気がして、

時々恐ろしくなります。

(私より危険なタイプの方もたくさんいらっしゃりそうな気もしますが、、、)

だから、

少しでもそういう状況を緩和するためにも、

予防的に他のアーティストさんに興味を持ったり、

趣味や生き甲斐の幅を広げることが望ましいことは、

頭ではわかっているつもりなのですが、

これが今の私にはなっかなか難しい(≧ヘ≦)


例えば人を好きになるときって、

大概「好きになりたい!」と思ってなるわけでは無く、

気がつくといつの間にか好きになっているわけで、、、。

興味を持つために、

あるいは、

好きになるかもしれないから動き出してみよう!

とはならない、、、。

この私の視野の狭さとフットワークの重さが、

ホント、

最近の悩みです。


でも結局、

ムリしても視野は広がらないと思うので、

「もしものこと」が何か起こってから考えればいっか、、、と開き直り、

今の智くんと嵐ちゃんに、

エネルギーもお金も全力で注ぐことに迷いを無くすことにしました。


逆に、
(何の逆?)

これからの嵐さんが、

やりたいことがどんどんできるようになって来るんじゃないかって、

そんな気もしていて、、、

すごく期待もしてます!ヽ(´▽`)/




以上、

取りとめもないムダ話を長々と、

大変失礼いたしましたm(_ _)m

2018年6月 2日 (土)

本気の舞台に立つとき

自分にとって大切な大切な

目指す舞台に自信を持って立てるのは、、、

間違いなく、それはもう、

きっと死に物狂いの努力

005
文字通り、血も涙も汗もたくさん流して、、、

008
強い思いで自分自身と戦ってきた人だけなのかもしれません。

011

というか、

智くんは、

ずっとそうやって舞台に立って来た人なのだと思います。


だから、

そういう過程も無しに、

いきなりただポンと、

聖地ともいわれる舞台に上がってしまうことは、

違和感もあり、

恐れ多くて、

申し訳ない気持ちになってしまった部分があったのかな、、、と、

♪夏疾風会見の時の

智くんの控えめなインタビューを見ながら感じました。


ましてや甲子園という舞台の場合、

同じ努力をしても、舞台に立つことすらできない選手が山ほどいるんですもんね。

いや寧ろ、

そういう子達に対して思いを馳せた部分も、

智くんならあったのかもしれない、、、

とも思いました。

(;ω;)



智くんが言ってた、

“聴こえないけど聴こえるみたいな感じの熱気や歓声”

って、、、

いったいどんな感じなんだろう。



こんな感じ?
(聴こえる、聴こえる!)

003



“鳥肌が立つほど感動”

本気の舞台で、

私もいつも感じています♡

2018年6月 1日 (金)

ありがとう!イチモニさん!

あるのか、ないのか?

やはり動画頼みになるのか?

そんなことを思いつつ、

それでもだらだら録画し続けていた地元局、HTB。


最後の最後にやっと来ました!


001

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

♪夏疾風

モノクロの智くんソロがステキ過ぎてlovely

朝からホントに泣きそうになりました!


前記事のJALCMもですけど、意外といい場面をつかってくださるイチモニさん。

もう動画も既に上がってますけど、

せっかくなのでメンバーのインタビューも一言ずつですが、残しときたいと思います。

まずは翔君から、、、


雨だったらシャレになんないでしょ
嵐5人そろうと雨になるんすよ

014
やっぱいいですよねえ、
すっごく晴れてて天気も良かった

(ニノちゃん端っこでゴメンなさい(*_ _)人)

004
ここで、、、球児のみなさんがプレイするんだ

009
歴史があるんだな、、、という感じがしますよねぇ
(智くん、最近“歴史”が重要ワード?)

013
で、

本日の主役、相葉君は、、、

えっ、これ芝、入ってイイんですか?

017
(きゅっと芝生を押してからの、、、)

019
天然heart
021

あ~もう、

自分で言って笑ってしまうこの感じ。

たまらない可愛さじゃないですか!

そう!

“天然”ってスバラシイですよね!

そしてわざわざheartまでつけてくれるイチモニさん、

なんて最高なの?


決して長くはなかったけれど、

きっと選びに選び抜いて見せてくださったステキな場面、

嬉しかったですshine

ありがとうございましたm(_ _)m


相葉君、

頑張ってね!

022

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »