« VS嵐10周年!おめでとうございます!ヽ(^o^)丿 | トップページ | 菅田将暉君、すごい! »

2018年4月16日 (月)

嵐結成15周年に思いを馳せる

昨日は驚きの情報が入りました。

外野の立場からは、あれこれ言えませんが、

私の場合、

どうしてもこの時のこと↓が思い出されて、

003

途中まで書いていた記事が、

全く進まなくなってしまいましたsweat01

なので、

少し自分の気持ちを、

自分なりの解釈で、

自分に都合のいいように、

整理しておきたいなと思いました。



NHKドキュメンタリー
『嵐15年目の告白』
で、

智くんが2006年くらいから2010年まで、

事務所を辞めようかと葛藤していたという告白の場面です。


智くんはデビュー当時から嵐のメインボーカルとして活動し、

2006年と言えばソロコンを行った時期でもあったかと思います。


辞めたかった理由を、

このときは、

・ この仕事をしてたらできないことに興味を持ち始めちゃった

・ 海外放浪したくなっちゃって

・ 単純にもう自由になりたいみたいな感じ

・ この気持ちのまま一緒にいれないなと思って
  申し訳なくて、、、

・ すっごい葛藤していた
  ずーっと

と、語っていた智くん。

何度聴いても胸がぎゅんとなります(;ω;)


以前にも私、同じようなことを言ったかもしれませんが、

この時智くんが語った理由は、

当然TVで言える範囲のものだったと思いましたし、

嵐メンバーにも言えない、

本人だけにしかわからない部分の方が、

きっとものすごく大きかったのだろうと、

今も思っています。


でも智くんの場合は、

辞める決断をする前に多分転機があり、

考える間もないほどの忙しさも手伝って(?)、

結果的に“嵐で居続ける”という選択をしてきたと思うのですが、

私は、

その選択には、

今もきっと後悔はないと信じています。


そのうえで今改めて思うこと。


この時の葛藤を、

過去のものとして語れるようになって良かったね、智くん。

踏みとどまってくれてありがとう。


そして、


同じハワイで、

涙で語ったこの時の気持ちは、

006005
010
013


今も、

これからも、

できれば

ずっと変わらずにいて欲しい。


“ずっと”っていつまでなのか?

それは、

覚悟のできない幼稚な私には、

到底言えません。


ただ、、、

こんな風にいっつもいつも

あーして欲しい、こーして欲しいとお願いするばっかりで、

現実から目を逸らし続けるファンといたしまして、

ホントに申し訳ないと、

常々思ってはいるんですよ、一応(人><。)


だからせめて今の私は、

嵐さんが、

これからも外野に振り回されずにお仕事ができるように、

そして、

嵐としての智くん、翔君、相葉君、ニノちゃん、潤君が挑戦したいことは、

たとえそれがひとりあっても5人一緒でも、

迷いなく突き進んでいけるように、

足だけは引っ張らないようにしなくちゃって、

そう思っています。



(結局前記事とほぼ同じことを言ってるだけみたいなので、
書く意味があったかなと、正直感じていますけどcoldsweats01 所詮自己満足なので、どうかお許しをm(_ _)m)

« VS嵐10周年!おめでとうございます!ヽ(^o^)丿 | トップページ | 菅田将暉君、すごい! »

智くん」カテゴリの記事