« しやがれ・かわいい智ちゃんベスト5 | トップページ | JAL新CM・遠近法の嵐ちゃん »

2017年9月19日 (火)

見納めました。ありがとう。

過去のお話しからになりますが、、、
(しかも無駄に長いです(*_ _)人)

私が智くんのファンになったと自覚したのが、2011年の暮れ頃で、

ちょうど『映画怪物くん』の上映中でした。

その頃の私は受験生を抱えておりましたし、

ほやほやさとしっく的にも、“わざわざ映画を観に行く”こと自体考え及ばない時期でした。

だが、しかし!

そんな私が、年明け2012年の1月中旬過ぎ、

たまたま札幌駅周辺で、3時間ほど時間をもてあます機会が得られたのです。

「今しかない!」と、

一目散に飛び込んだのが『映画怪物くん』でした。


公開から2か月弱経った頃でしたが、

今思えば、とても入りやすい時間帯、

それほど小さくない箱だったように記憶しています。

でもその回の観客は、確か私を含めて、、、

4名でした。
(3Dで入ったからかもしれません)

その時は、映画の終盤ってこんな感じなのかな~と思っただけで、

特別淋しいと言う感情も無く普通に楽しみましたし、

実際『映画怪物くん』は、素晴らしい結果も残していました。


それから約5年半、

私は先日、映画『忍びの国』を見納めてきました。

001
最終的に地元札幌シネマフロンティアは、9月15日終了予定が18日まで延長され、

さらに最終日の応援上映追加もありました。

そしてとうとう、昨日の応援上映を以って、北海道内の『忍びの国』上映は、全て終了となりました。(今のところ)

結局私自身は、一度も応援上映には参集できませんでしたが、

昨日の最終回も、たくさんの皆さまの参集により大変盛り上がったようで、

その様子を知るだけでも、とても嬉しかったです。

私が見納めてきた通常回も、もうすぐ終了とは思えない位たくさんの観客でいっぱいでした。

最後の拍手などはありませんでしたが、館内が明るくなるまで誰一人席を立つ人はおらず、

ただもうそれだけでも、胸がいっぱいになりました。


数々の悪条件(?)の中、

『忍びの国』は、成績的にも胸を張れる素晴らしい結果を今も残し続け、

応援上映の全国制覇も成し遂げ、

雑誌やグッズ等の売り上げも、おそらく桁違いだったのではないでしょうか。

ただ、

作品そのものが最高に素晴らしかっただけに、欲深い私は「たら、れば」の中で、まだまだ行けたんじゃないだろうか?なんて、、、

ついつい考えてしまうこともありました。

でも、こんな私なんかの欲望はどうでもよくって、

ひと段落した今、

智くん自身は、

現状を、いったいどう感じているんだろうと、

そこは少し気になります。


熱いファンの応援や各方面からの高評価、

素晴らしい成績を踏まえ、

安心して胸を張っていてほしいなと思うと同時に、

まだまだこの先を、密かに目指していて欲しいな、、、と、

又、既に新しい一歩を踏み出していて欲しいな、、、と、

今はそんな思いもあります。


熱い熱い2か月半、

いやいや、公開のずーっとずっと前、

発表となったその日から一喜一憂、

とっても濃くて、楽しい毎日でした。

たくさんの新しい経験もしてきました。
(スマホデビューもできました)

忍びに行く日はいつもいつも胸が高鳴り、何度観ても熱い想いが込み上げて来ました。

満身創痍で臨んでくれた智くんと、

『忍びの国』に関わってくださった全てのみなさまに、

感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。


この先は、

まだまだ上映の続く地域のみなさま、

又、これから公開される地域のみなさまにお任せいたします。

引き続き、映画『忍びの国』を!

どうぞよろしくお願いいたしますね。

そして新たに参集していただける方も、

どうかたくさんおられますように。

« しやがれ・かわいい智ちゃんベスト5 | トップページ | JAL新CM・遠近法の嵐ちゃん »

忍びの国・MUMON」カテゴリの記事