« 予告1と2 ひとつのシーンからぐちゃぐちゃ考えること | トップページ | JAL新CM「行こうぜ、ニッポン。」の嵐さんヽ(^o^)丿 »

2017年5月11日 (木)

Mステ限定バージョンと言えば・・・

先日のMステ、♪I'll be thereのフルバージョン。

鏡を使って、たくさんのジュニア君たちとの共演によるスペシャルな演出は、ドラマの世界観ともピッタリでとってもステキでしたshine

Mステさんは、スペシャルな限定バージョンをよくやってくださるので本当にありがたいことです。

どれもこれも「さすがMステ!」と絶賛したくなるものばかりですが、

中でも私のダントツのお気に入りは、

2014年2月14日放送、智くんの振付け・演出による

♪Bittersweetshine

です!

ですよね?coldsweats01


ダンスの可愛さはもとより、

ストーリー性あり、007

仲良し嵐ちゃんあり(スイーツコンビの前身か?)009

ベンチパフォーマンスあり、002003

ラストのオチありで(メンバーの表情も良い(*^m^)006

ホント、最高のパフォーマンスだと思いました!

当時、智くんの振付けについては、一般的なものについてはそこそこ知っているつもりでいましたが、

その智くんが・・・

こんなにキラキラしたshine

メンバーの魅力全開のshine

目の離せなくなるようなshine

楽しさいっぱいのshine

“演出”までできる人だったのかと、

私にとっては、ある意味振付けよりも衝撃だったかもしれません。

思えば智くんは、若い頃からそういった経験も豊富でしょうから、当然と言えば当然だったのでしょうが、それまでは特に実感するには至らなかった私です。

でもMステのビタスイ後は、ようやく私も振付けだけではなく、智くんの演出~パフォーマンス全体の見せ方と言った方向からも、多少注目できるようになったかもしれません。


その後のさとラジ(2014・3・21)で、智くんはリスナーさんの質問に答える形で、このときのことを話してくれていましたが、

ざっくり内容をかいつまむと(文字起こしできないんでcoldsweats01

Mステフルバージョンは、

・ HEY!HEY!HEY!のバージョンで完結していて、あれ以上は演出できないくらい完璧だったので、2番は同じような感じになっちゃうと思った。

・ 何かセットがもう一個あって変わったりとか、何か無いと見栄えがないと思って(Mステ側に)言った。

・ すると申し訳ない位豪華なセットだった。

・ ベンチに座っているところはすぐにできた。

・ (女性からの)バレンタインの(プレゼント)は5人に渡すつもりだったけど、「なんかやらしいな~」と思って松潤一人にした。
一番似合うから。

・ (ラスト)その松潤はほっといて、ぼくはカメラ目線。

・ まあ、ぼくが振付けなんで、何やってもいいんです。


大体こんな感じでして・・・
(大体すぎか?coldsweats01

ラジオを改めて聴いてから観てみると、又新たな面白さもあったりします。


そこで思ったのが、

私なんかはついつい長ければ長い方がいいんじゃないかと(^-^;

智くんのソロでも、

嵐さんのダンスナンバーでも、

2番まであるなら2番までやって欲しい!

だって普通2番まで見せてくれるものなんでしょ?

とかねsweat01

安易に考えがちなのですが、1番と同じことを繰り返すだけじゃパフォーマンスとしては、きっと成立しないのですね。

そいうえばNHKのハワイでの対談の中でも、コンサートのソロのフルは頑固に断っていたというお話もありましたっけ。
(理由は違うかもしれないけれど)


振付けだけでも十分大変なはずですが、

2番を絞り出すことの難しさ、

2番を魅せることの難しさ、

も、今になって少しはわかったような気がします。


なので今回の♪I'll be thereや、これから先、同じようにフルで色々な曲を披露してくれるときは、、

だれの演出であっても、

その辺りもしっかり念頭に置いて、又楽しませていただきたいなと思いますnote

« 予告1と2 ひとつのシーンからぐちゃぐちゃ考えること | トップページ | JAL新CM「行こうぜ、ニッポン。」の嵐さんヽ(^o^)丿 »

智くん」カテゴリの記事