« 迷うところ。 | トップページ | 久々の収穫 »

2015年3月27日 (金)

「大野智・陶芸」で検索してみました。

リニューアル「しやがれ」の予告で智くんのこの様な姿を見たら・・・

011
智くんは陶芸の経験があったかな?と気になって タイトル通りに検索してみました。

智くんならいかにもありそうですが 私には全然思い当たらなかったので・・・。

ざっくり検索してみると 2010年のさとラジで奈良さんの作品の影響から「やってみたい」的な発言をしていたようですが それ以外では ひとつだけそれらしきものを見つけました。

2004~2005年のバラエティ番組「技ありッ」の

「熟成 大人の味な旅 松本伊代と巡る奥多摩」の中で 伊代さん 相葉君と一緒に体験されているんですね。

初めて観ました。

この旅は①フライフィッシング ②パン作り ③陶芸体験 と まるで智くんのための旅メニューかと思うくらいです。

でも①は相葉君だけが2匹釣れて・・・。 ②では智くんは塩辛パンという恐ろしく個性的なパンを作っていました(゚ー゚;

それで本題の③陶芸です。 

最初に手びねりと電動ろくろのどちらにするか決めるのですが まず伊代さんが 手びねりを選んで 次に智くんも手びねりを選びます。

智くん「味がありますもね」と言って 迷いなく手びねりを選んだようにみえました。

最後に大人の選択で相葉君が電動ろくろとなります。

そしてなんと智くんと伊代さんはペアのお茶碗を作るそうですsign01

「私 夫婦茶碗作ろうかな?」

「茶碗?・・・同じの作りますか?」

「お揃いの作る?ね」

「それで 交換しましょうよ!」

「あっ いいねー。」

という感じです(;ω;)

一応「すいません ヒロミさん」の一言は忘れません。

肝心の智くんの制作風景はそれほど見られませんが ビールジョッキを作る相葉君の電動ろくろはものすごくお上手ですshine

009
実は私 陶芸の経験がございましてsweat01電動ろくろとかもやっておりましたが 最初からこの大きさで高さをだすのとかスゴイですsign01

多少はお手伝いが入っているかもしれませんが それにしてもお上手でホントに尊敬しちゃいます。

でもそんな素晴らしい作品なのに 相葉君が手を洗っているスキに・・・

001
どなたかやりたがっている人がいるようです。

黄色い文字ですけど 青い人です。

もちろん大変器用な方ですから なんだかんだうまい具合にこんな感じにしちゃうのですが・・・

002
これはこれでいいですよねshine

ビールジョッキではなくて花瓶ならいけると思います。

でも普通の人(私とか)がやるとこうなっちゃうんですよ。↓(伊代さん ごめんなさいcoldsweats01

003
で 結局相葉君は作り直して 完成したのがこちらです。

007
ちょっと大きめですが とても綺麗に仕上がっていますshine

智くんのお茶碗はこちらheart04

005

確かに味がありますねshine

お茶碗全体に蜂の巣模様みたいなのが入っている辺りが 智くんっぽいこだわりにも思われます。

(そういえばフライフィッシングでは毛バリから手作りするのですが 智くんはここでもこだわりの作業で先生にお褒めいただいていたようです。)

私が知らないだけで 他の場面でも経験したことはあるのかもしれませんが 今回の「しやがれ」の縄文土器ももちろん100%手作りですから どんな味のある作品を作ってくれるのか楽しみですnote

« 迷うところ。 | トップページ | 久々の収穫 »

智くん」カテゴリの記事