« ニノちゃんドラマと智くん | トップページ | カップリング1番曲はこれでした! »

2015年1月24日 (土)

智くんドラマ ④ 「鍵のかかった部屋」

先日の「VS嵐」も元気そうでカワイイ智くんをたくさん観る事ができましたねnote

ラジオで言っていた通り さぞかし充実した日々を過ごしているんだろうな・・・とも思いました。

そして昨日私はその「VS嵐」と先々週のものを2本続けて編集していたところ いつもなんですけど物凄い睡魔に襲われて自分でビックリしましたcoldsweats02

あやうくドッサリ削除とかになりそうな場面がこの番組ではよくありますsweat01

思えば智くんが以前映画・怪物くんチームで出場したとき等は 殆どカットする部分も無くて あの回はさとしっく的にあらゆる意味でベストでしたshine

(実はこの放送は私がファンになるちょっと前だったのですが 奇跡的にローカルでさほど間をおかず再放送となり無事録画できたので思い出深いのですsign01

そういった意味では こちらのドラマのチームが「VS嵐」に登場しなかったのはちょっと残念ではありましたが メンバーの顔ぶれ的にも仕方が無かったのかもしれませんね。

       ↓ ↓

       ↓ ↓

このドラマは 私にとって最も無駄に神経を使ったドラマとも言えるかもしれません。

なぜなら智くんにハマって初めての経験「連ドラ主演決定!」から始まったドラマだったからです。

当時は今より情報に疎く 又胡散臭いウワサ話を半信半疑で真に受ける事はあっても 自ら最新の話題をキャッチするとかはほとんどありませんでしたから 私は娘からその話を聞きました。

(その娘も素早いお友達から仕入れた情報だったようですが・・・sweat01

逸る気持ちで検索をかけてドキドキしながら知ったそのドラマタイトルは・・・

Kagi

でした。

今でこそ タイトルだけでカッコイイ!shineとか思えますが 正直私は当時・・・ 

楽しみ<<<<< 不安・心配 でしかありませんでした(;;;´Д`)

視聴率とか 月9とか 相葉君と同じクールとか・・・。

諸々私が心配してもどうしようもない事はわかっていても とても純粋に楽しめるような気持にはなかなかなれなかったのです。

その気持ちはずーっと消える事はなく初回を迎えるのですが 記念すべきその初回 ドラマを観ていても全く客観的に内容を楽しむことができず 最後まで不安は続きましたcoldsweats02

なので初回放送の後 娘に恐る恐る「どお?面白かった?」と尋ねてみて

「すんごい面白かった!shine

との答えを聞きようやく一安心したといった具合です。

キャラ的にも個性的で魅力的shine 脇に就いてくれた佐藤さんや戸田さんとの息もぴったりで クール半ばくらいからは純粋に楽しめたかなと思います。

榎本君は未だに謎を残したままのミステリアスな存在で 原作も引き続いているようですし 続編や映画の期待の声もあるようですが・・・。

私自身は智くんのお仕事に関して 続編をやって欲しいとか欲しくないとかの希望は特になくて 決まったお仕事をただただ応援したいと思っているのですが 一つだけ言わせてもらえるならば榎本君役は台詞が多くて大変だったよね・・・とはあまり思っていないんです。

「台詞が多くて…」は半分ネタみたいなものなのでは…?とも思っています。

確かに智くん的には「大変」だったのかもしれません。

でも基本的に多分暗記は得意分野なんですよね?

智くん的に大変な思いで覚えた台詞を もしも私が(比べるのもおこがましいですがsweat01)覚えようと思ったら 100倍の時間を費やしても無理だと思います。

そういうスゴイ人だと思うので 個人的には台詞が多かろうと 専門用語だらけだろうと全然OKなはずだと信じています。

寧ろガッツリ難しい役どころをお願いしたい位かな?

おっと 先日焦らず待っているとか言いながらついついこんなところで本音が・・・sweat01

もちろん今すぐとかではなく いつかのお話です。



それから「鍵のかかった部屋」は智くん主演の連ドラとしては初めて嵐メンバーのゲスト出演が無かったドラマでもありましたが そこは私としては頼もしく感じられた部分でもあります。




ちなみに最終話以外で 私が1番印象的だった回は第4話の「黒い牙」です。

蜘蛛の気持ち悪さと ありえない感じのトリック コメディっぽい部分も・・・。

かなりのお気に入りですshine

きっと同じ趣味の方もたくさんおられると信じています・・・coldsweats01

 

« ニノちゃんドラマと智くん | トップページ | カップリング1番曲はこれでした! »

智くん」カテゴリの記事